海外の犬猫の環境について

 

海外といっても日本よりもまだまだ犬猫に対する意識が遅れている地域ももちろん

ありますし、かなり進んでいる地域もあります。

 

日本の犬猫の問題は多いように感じますがもっと多い国、地域も海外にはあるようです。

私もまだ勉強不足で詳しくは分からないので少しずつ紹介していきたいと思います。

 

今回はドイツのペット事情について書きたいと思います。

 

ドイツはペット先進国として最近雑誌やテレビで紹介されていますよね。

ドイツにはティアハイムと呼ばれる動物愛護施設があり、犬のみならず様々な生き物が

世話されているようです。

市民はペットを飼いたいな、と思うとまずティアハイムに行きます。

ただし行ったその場で犬、猫を飼うというわけではありません!

なんども訪問して自分の家がペットに向いているかなどの質問に答えたします。

ティアハイムはドイツ国内の捨てられた動物を保護している施設なのである程度年をとった

(子供ではない)動物がいる場所です。

なのでかわいい子犬、子猫がいたから飼う!なんてことはありません。

自分のパートナーになる動物を現実的に、じっくり探せる場所です。

 

ドイツの動物を手に入れられる場所がティアハイムだけなんてことはありませんよ(^^)

 

ドイツにもブリーダーはいます。それも良いブリーダーの方が多いです。

念のために、ブリーダーとは動物を繁殖させる仕事です。純潔である種類の動物を残すために続いているところなどがあります。

たとえば、チワワのブリーダー、ゴールデンのブリーダーなど、その種類の動物の血統を

守っているというわけです。

ペットショップで売られる犬猫、動物は元をたどるとブリーダーに行き着きます。

しかしペットショップとブリーダーの間にはペットオークションという存在があるので、

そのあたりから日本の流通システムはドイツと変わりだしますね。

 

悪質ブリーダーの存在も最近報道されていますね。動物に利益のためだけに子供を生ませまくったり、環境がずさんなところでブリーダーを営む人たちです。

しかし、良いブリーダーを見極め、そこでペットを買うのはペットショップで買うよりもはるかに

賢いやり方だと私は思います。

良いブリーダーの人たちは犬が好きで犬のことを考えて犬の世話をしているのですから。

ペットオークションに出さずに直接犬を売っているブリーダーの犬は、オークションなどで

売りに出されている犬よりずっと長いあいだ親犬と兄弟と一緒にいられるので穏やかな性格の子が多いです。 うちの犬(カレン)はブリーダーで飼った犬なのですが、生まれる前に買う契約をして、生後2ヵ月後過ぎに家につれて帰りました。

2ヶ月間は何度も成長を見に母と高速を何時間かかけて走っていきましたよ。

そのくらいして犬を買うべきだと思います。

 

はなしがそれましたが、ドイツのブリーダーは質も高く、管理がしっかりしています。

犬を買いに来ても、その人が犬にみあった生活や家に住んでいないと判断したら

売らないこともあるそうです。

(散歩をする時間があまり無いとか庭が無いとか)

 

日本も悪質ブリーダーが減り、良いブリーダーがもっと増えると良いですね(^^)